TEXENG Report 2019 No.002 (TEX技術報告・商品紹介)

技術報告▶過去のレポート

機械事業本部

製鉄所岸壁荷役設備 石灰石セルフアンローダ更新の計画から完成について

製鉄原料の一つである石灰石は、船舶により運ばれ製鉄所の岸壁において荷揚げされている。このたび石灰石輸送船舶の更新に伴い、地上側の荷揚げ設備であるセルフアンローダの更新が検討された。従来ならば重工メーカーが納入する設備であるが、当社が顧客の要望どおりに設計から完成までのすべてを請け負うと共に、斬新な工法を採用することにより、工事・試運転をわずか3日間という短納期で実現したことに、顧客から高い評価を得ることができた。本稿では、セルフアンローダ更新の計画から設計、製作、工事、試運転引渡しまでの一連業務を機械・電気の複合技術力で完成させた、当社の総合エンジニアリング力の概要を報告する。

製糖工場殿向けビートパルプ蒸気乾燥設備のオーナーズエンジから施工一貫の取組みご紹介

日本の砂糖生産量の約80%を占めるビートを原料とした砂糖は、その殆どが北海道内8カ所の製糖工場で作られている。各工場の稼働期間は、農産物を取り扱う性格上、秋の収穫時期から翌年春までの約半年間であり、24時間体制のフル操業を行っている。 通常、工場の整備並びに工事は操業に支障をきたさぬよう操業休止中の夏季に集中して行うが製造設備の大規模な改修・新設工事に際しては、操業期間の特殊性を考慮したエンジニアリングスケジュールの企画立案を行い、スムーズな操業開始に繋げなければならない。この様なお客様の立場、ニーズ等を理解し、オーナーズエンジから施工・立上げ迄の一貫した取組みを行い、標記のビートパルプ蒸気乾燥設備一式を垂直立上げで納入した。

※オーナーズエンジ=客先のニーズや条件を十分理解し、客先目線に立った最適な設備企画・計画の具現化をお手伝いする業務

電計事業本部

多機能ポータブル診断器“エレスマートX”の開発によるオフライン診断の進化

当社は日本製鉄株式会社殿で開発された振動診断技術をベースに、1987年から設備の劣化兆候を早期に把握できるツールであるポータブル診断器を販売してきた。今回、新たに音響・電圧・電流・温度などの多種診断機能を搭載し、従来機種では困難であった低速回転機械の診断機能を追加、さらに診断知識が浅い人でも視覚的に異常を認識しやすいカオス診断機能(特許取得)など、お客様の改善要望に応えた差別化技術を開発し、4代目となる“エレスマートX”を2014年10月から販売している。

建設事業部

総合エンジニアリング力を発揮した環境・省エネ型工場の建設

「岡野バルブ製造株式会社行橋工場殿 生産機能集約工事」に於いて、計画設計段階から顧客のニーズに寄り添い、総合エンジニアリング力を発揮して、作業効率を追求した工場レイアウトや操業環境をより快適なものにする機能を装備した事案として下記内容を紹介する。

①新工場増築に於ける工場立地法への遵法化策の中で、顧客の要求事項への対応と同時に環境・省エネに配慮した「自動出力制御機能付の自家消費型太陽光発電システム」導入への取組紹介。

②工場室内環境改善への取組の中で、従来の工場用エアコン床置ダクト方式でなく、あらゆる可能性を考慮し最適な環境制御を追求した超大型(大風量低速度)シーリングファン「ビッグアスファン」導入への取組紹介。

CRG架け替え工事の工場休止時間内での完遂

日本製鉄株式会社君津製鐵所1製鋼工場殿において、大型天井クレーンが走行するクレーンランウェイガーダー(以下、CRGと表記)を架替えた案件である。工夫改善策として、①耐疲労性能を向上させたCRGの設計・製作、②3D技術を活用した施工シミュレーションによる干渉物のチェック、③施工方案の工夫改善や現場作業の効率化、④想定リスクの抽出と対策検討等を実施し、当初計画より短時間で工事を完了させた。工場フル操業下での並進作業という厳しい施工環境の中、大型CRG架替工事を、設計・施工による計画から実施までのトータル管理により、所定の工場休止時間内に品質トラブル「ゼロ」及び完全無災害で工事を完了した事により、製鐵所から当社の特異技術力に対し高い評価を得た。

商品説明▶過去のレポート

機械事業本部

ヤード移動機 スタッカー

当社は製鉄原料ヤード全体のシステム・設備において、自社製新設に加えて改善・能力アップ等の既存設備改造も、自社製か他社製かを問わずに取り組んでいる。
そのノウハウを基にヤード移動機へは後発メーカーとして参画し、小型・中型機をここ数年で、日本製鉄株式会社殿に3基・一般企業様向けに1基のスタッカーを納入し、直近では日本工業新聞でも紹介されている。当社はシステム・設備のエンジニアリング部門以外に日常の操業や整備を担う部門も有するため、様々なお客様の多様な現場ニーズ・課題に対し、社内各部門の経験・知識を結集した上で、総合的な調整を行うことで、最適な提案として安全・安心で高品質なシステム・設備を要求工期・コストでご提供することが可能である。

コークス炉廻り移動機のご紹介

当社では、今回ご紹介する装入車・ガイド車・押出機・消火貨車は元より、カーボン燃焼装置、炉蓋等コークス炉の安定操業に不可欠な各装置・機器の一貫責任施工を行います

電計事業本部

X線厚さ計“NSTX-6000S”のご紹介

当社製品であるX線厚さ計は、X線の透過吸収性質を利用し、金属板に照射したX線の透過量を測定することで厚みに換算し、鋼板の厚さを非接触で高速高精度に計測する装置である。主に鉄鋼や非鉄金属産業の圧延設備の板厚制御や品質管理に利用されている。多数の納入実績と豊富な経験でお客様の抱える問題やニーズに応える製品を提供する。

パーティクルボード事業部

日鉄テックスエンジ ファインボードのご紹介 Vol.02

本商品は、木質廃棄物のみを使用した、CO2排出削減に貢献する環境負荷軽減商品です。その特性を活かして建築材、家具用、住宅内装用等に広く利用されています。社内先端分野の技術でサポートし、集中管理の元で高品質を保ち、安定して製造した製品をお届けしています。

事業紹介▶過去のレポート

活性炭事業部

活性炭事業の発展性(活性コークス)

当社は2000年から製鉄プラントや火力発電所向けに、排ガス中から硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)などを取り除くための吸着剤である“活性炭(活性コークス)”の製造販売を行っている。国内製造のトップシェアを誇っており、今後も自社での開発・評価機能を駆使し、お客様のニーズに合わせた商品の開発、技術・営業サービスの充実を図っていく。